よくある質問

  1. トップ
  2. よくある質問

真に健康を求めるあなたへ

三茸堂

ご注文・お問い合わせお待ちしております。

0120-379-920 虫草源注文用紙ダウンロード 益救神酵素注文用紙ダウンロード 虫草源 益救神酵素 代表あいさつ 会社概要 三茸堂ブログ

トップページ

虫草源(ちゅうそうげん)

益救神酵素(やくじんこうそ)

低体温を解決すべき全手順

お客様の声・よくある質問

会社概要

虫草源ちゅうそうげんよくある質問

Q. 一般の冬虫夏草と「虫草源」に含まれている冬虫夏草は何が違うの?
A. 「虫草源」に含まれている冬虫夏草はヒマラヤの現地に直接採取しに行き、その冬虫夏草を人工培養したものを使用しております。 イメージ的には天然物の冬虫夏草のほうが体に良さそうですが、実際はそうではありません。 正規の輸入ものは、必ず加熱殺菌が指示されており、それによって菌自体が死んでいたり、成分変化を起こしており、品質が均等ではありません。 それに比べ人工培養したものは有効成分だけを培養しているので、人工培養のほうが格段に良質なのです。
Q. どのような方が飲んでいますか?
A. 「年齢や性別を問わず、特に健康を切実に願う方がお飲みになられています。 特に著しく免疫力が低下してしまっている方や長年、病に苦しまれている方が多くお飲みになられています。
Q. 誰でも飲むことができますか?
A. 自然の原料を使用しておりますので、赤ちゃんからお年寄りまでどなたにも安心して召し上がりいただけます。 但し、赤ちゃんやお年寄りは少量からお始めいただくことをお勧めします。
※アレルギーなど敏感体質の方、心臓疾患をお持ちの方、虚弱体質の方などは少量からお始めいただくことをお勧めします。 ご心配な場合は、かかりつけの医師にご相談ください。
Q. 妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫ですか?
A. はい。安心してお飲みいただけます。 但し、少量からお始めいただくことをお勧めします。 ご心配な場合は、かかりつけの医師にご相談ください。
Q. 薬を飲んでいるのですが、併用は大丈夫ですか?
A. 薬との飲み合わせについても悪い例はありません。安心してお飲みください。 但し、ご心配な場合は、かかりつけの医師にご相談ください。
Q. 継続して飲んだ方が良いのですか?
A. 「虫草源」は食品ですから、毎日食事を摂るのと同じようにこまめに続けることで日々の体づくりのお手伝いをします。 免疫力の向上、健康促進、健康維持のため、できるだけ継続してお飲みいただくことをお勧めします。
Q. どのように保存方法したら良いのですか?
A. 直射日光下や高温による場所を避けて、常温で保管ください。
Q. どのように飲んだら良いのですか?
A. 普通のティースプーン1~2杯をお水またはぬるま湯で、食前または食後にお飲みください。 また、お味噌汁など60度以下のお飲み物に混ぜてお飲みになられても大丈夫です。

益救神酵素やくじんこうそよくある質問

Q. 一般の酵素飲料と益救神酵素は何が違うの?
A. 益救神酵素は、屋久島での野草、野菜、果物等と一緒に発酵・熟成させ、手作りで製造しています。 特に珍しい材料として天然物の「冬虫夏草」と「さるのこしかけ(霊芝)」が含まれています。 この2種類の材料は私たちが40年前から扱っている「菌食品」(特許製品)になります。 益救神酵素は、体内酵素を補うことができるのはもちろん、免疫力向上にもお役立てできます。
Q. どのような方が飲んでいますか?
A. 年齢や性別を問わず、健康を願うさまざまな方がお飲みになられています。 特に低体温の方や冷え性の方が多くお飲みになられています。
Q. 誰でも飲むことができますか?
A. 自然の原料を発行・熟せさせた安全な飲料ですので、赤ちゃんからお年寄りまでどなたにも安心して召し上がりいただけます。 ※アレルギーなど敏感体質の方、心臓疾患をお持ちの方、虚弱体質の方などは、少量からお始め頂くことをお勧めします。 ご心配な場合は、かかりつけの医師にご相談ください。
Q. 妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫ですか?
A. はい。安心してお飲みいただけます。 但し、ご心配な場合は、かかりつけの医師にご相談ください。
Q. 薬を飲んでいるのですが、併用は大丈夫ですか?
A. 薬との飲み合わせについても悪い例はありません。安心してお飲みください。 但し、ご心配な場合は、かかりつけの医師にご相談ください。
Q. 継続して飲んだほうが良いのですか?
A. 「益救神酵素」は食品(飲料)ですから、毎日食事を摂るのと同じようにこまめに続けることで日々の体づくりのお手伝いをします。 健康維持のため、できるだけ継続してお飲みいただくことをお勧めします。
Q. どのように保存方法したら良いのですか?
A. 直射日光や高温になる場所を避け、常温または、冷蔵庫で保管ください。
Q. どのように飲んだら良いのですか?
A. 付属の「計量カップ」1杯を水またはぬるま湯で3~4倍程度に希釈して、食前または食後にお飲みください。